触覚

5感のなかで触覚は、
最も早く発達して、
最も遅くまでその機能を維持し続けてると言われています。


という事は
触覚は人間にとって根源的な感覚と言えますね。


また
視覚、嗅覚、聴覚、味覚が
局所的感覚であるのに対して、
触覚は皮膚全体に及んでいます。


専門的になりますが
皮膚には4つの触覚センサーがあります。
1)パチニ小体、、、ソフトな接触に反応。振動に敏感。
2)メルケル触盤、、、持続的接触(圧迫)を検出。
3)マイスナー小体、、、圧迫に反応。
4)ルフィニ小体、、、持続的圧迫に反応。温感、冷感に反応。


これらのセンサーの働きで
「温かくて気持ちいい」とか「痛くて我慢できない」とか「冷たい水」とか「寒いからマフラー巻いて、、」などと
我々の感受性に影響してるんですね。




   触覚と認知症には深い関わりある。


あなたもご存じかと思いますが「手先を使うとボケない」と言われてますよね。

そういえば
ドイツの哲学者カントは
「手は外部に存在する脳ミソである」
と言ってます。


実は
脳の中で触覚の反応を受け取る場所と
認知症にかかって低下する場所が同じ所なのです。


そして
最近の研究で分かってきたことですが、
認知症にかかると
触って物の形を判断する能力が低下するのです。

つまり
脳の運動野図1を見て下さい。

  • 脳の運動野


  • この図は、手指を使うと
    脳に多く刺激が行くことを示しています。


    やはり
    手指を使うと脳の老化防止にはいいんですね。


    なおかつ
    手指をはじめとする皮膚感覚には重要なことがあります。



    それは
    幼い子どもの場合、
    お母さんによるスキンシップ(マザーリング)が不足すると、
    心身の発達に大きく影響することがわかっています。

    「おかあさーん!」と走ってきて、しがみついて甘えたがりますよね。
    また、ひざの上に座ってきたりしますね。

    そしてお母さんは、
    抱きしめてあげたり、ひざの上に座ったまま、子供の話を聞いてあげます。

    そうされることで
    子どもは心地よさを覚え、安心します。



    ところで、
    スキンシップは子どもの発達にだけ必要なものでしょうか? 
    ストレス、孤独感を感じている大人にも、
    子どもと同じようにスキンシップは必要なのではないでしょうか?

    心の通えあえる温もり、安心は大人でも必要と思います。


    特に
    男女はふれあいによって、
    お互いの魅力を育みあっていくもの。



    時に
    日本では今でも病人を看病するのに「手当て」という言葉を使います。
    これは、文字どおり手を当てて病人の治療にあたっていた昔の医術のなごりです。


    具合が悪いときに背中をさすってもらうだけで気分がよくなることは
    誰もが一度は経験しています。



    温かい、心のこもった手の感覚は
    病人の不安や心身の緊張を解きほぐしてくれますね。
    関連記事
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    « | ホーム |  »

    プロフィール

    東福

    Author:東福
    こんにちは

    東福 敏樹と申します。

    渋谷区初台から
    体のこと、元気になる体操などを中心にお伝えします。

    あなたのより良い健康をお手伝いします。

    フリーエリア

    くりっく365業者比較

    検索フォーム