Top Page > 2012年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目疲れてませんか?


最近、時間があるとパソコンの前に座ってることが多くて。
深夜におよぶこともしばしば。

案の定、目がしっかり疲れます><;

目が疲れると





骨盤がこわばってきます。


骨盤がこわばってくると
なんとなく腰のキレが鈍く感じる。

こうなると
目を蒸しタオルで温める。

そうすると
目がスッキリしてくると同時に
骨盤も弾力を回復してきます。

今回はココマデ。

ありがとうございます。

さ~ お目目を温めよう^^

スポンサーサイト

フェルデンクライス メソッド

フェルデンクライス メソッド

ご存じ?

体操指導者、ダンスパフォーマーの方は
ご存じかと思います。


簡単に言うと
身体の感覚を高めるメソッド。

フェルデンクライス メソッドを開発した人は
ロシアの人でフェルデンクライスは本人の名前です。

このフェルデンクライスさん
柔道の創始者である嘉納治五郎にも出会っています。
そして黒帯まで取っています。



たしか1982年、、、(だったと思う)

にフェルデンクライス メソッドの本が出版され
ワークショップも開催されていて
出席したことがあります。

100918_1740~0001[2]
体験の一つを紹介すると

仰向けで寝っ転がって
右足を僅かに浮かします。5ミリぐらい。
3呼吸ほどして右足を床に下ろします。

これを3回ぐらい繰り返します。

すると右半身が弛んでペッタリと床に着くようになります。


先程
身体の感覚を高めるメソッドと申しましたが、
私たちの身体は日常生活の中でパターン化されて
硬くなったりしてることもずいぶんあるわけで。

メソッドを行うことにより弛んで、柔軟になり
本来持っているゆるやかで調和の取れた動きを取り戻すことができます。

また
内部感覚、
意識をはっきり持てるようになり
気付きが得られやすくなるようです。

興味ありましたら
http://www.feldenkrais.jp/

骨のコッキントッシュ




骨って言うと若年性骨粗鬆症というのも時々耳にするようになりました。

あの硬い骨がなぜ?
ストレス、食生活、運動などの生活習慣ということなんでしょうが、、、


ということで今回は
骨について調べてみましょう。


今回は
骨の
コッキントッシュ君に登場してもらって


いろいろ語ってもらうことにします(*^0^/


[はい!あなたと何時も一緒のコッキントッシュです。 よ ろ し く^^

まず、あなたの体に僕はどのくらいの数いると思う?



は~い それはねえ
長いの短いの太いのちっちゃいの平ぺったいのいろいろだけど、
200以上いるのだ! 頭だけでも23個だぞ^。


おいらがいなかったらあんたは歩くことはおろか移動するには苦労すぞ~。
ナマコかミミズみたいになっちゃうわけ。

骨抜き状態は大変なんだから!
なので、もっと大~事にしてよね?


脛(すね)、あなたが弁慶の泣き所といってる骨。
ぶつけたらうずくまるぐらい痛いよね?
おれだって痛っ!

だからおれは焦る人嫌い。おっちょこちょい嫌い。


おれは固いから、大人になったらず~っと変わらないと思ってない?

実は
約3年で生まれ変わってるんよ。

ポッキンと折れたってちゃんと繋がるでしょ?

あなたが生きてるかぎりおいらも生きてるってこと。

おいらの骨量は二十歳ぐらいで最大になって、それを40歳ぐらいまで維持してるんだけど
それから少しずつ下降線をたどっていくってわけ。

これは自然な老化だからいいとして
女性は閉経して女性ホルモンが出なくなるとガクンと骨量が減ったりすることがある。

男は年食って男性ホルモンが出なくなるとこうなるんだ。


骨量というのはカルシウムのことだが、減るというより解けると言った方がいいかも。

じゃあ 解けたカルシウムはどこへいくかというと、
動脈などに溜まって動脈硬化の原因になったりするからこわい。

骨盤背面101117_1944~0001

骨折や骨粗鬆症などおいらの老化を出来るだけ防ぐために
強くするには

まず運動だな。
ヨガ、ジュギングとかリズム運動など。
過激な運動は避けてね。過ぎたるは及ばざるがごとしと言うもんね。


次は日光浴、いいね!
カルシウムの吸収を助けるビタミンDは
お日様にあたればあなたの身体の中で作られるんよ。
お日様ってえらいよねえ。


そして食事。
おいらを元気にするにはカルシウムを摂ればいいっちゅうもんじゃないのよ。
カルシウムを摂り過ぎれば腎臓結石になる可能性だってある。


かしこい食事の仕方をしてもらいたいね。
その為には
おいらを丈夫にしてくれるビタミンK。
ホウレンソウ、春菊、納豆、ひじきなどにた~んと含まれているよ。


次はカルシウム同士をしっかりくっつけてくれるコラーゲン。
鶏の手羽、カレイ、フカヒレを摂ってくれるといいな。
またコラーゲンを作るのに大事なビタミンCも大切になってくる。

そして
骨の中のカルシウムが血液中に溶け出すのを抑える働きのある
女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするイソフラボン。

特に閉経後の女性は、エストロゲンが減少し、骨密度が急激に減少するので、
意識的にイソフラボンを摂ることをオススメする。
イソフラボンは、大豆や納豆などに多く含まれているよ。



ゾウやキリンは草や木の芽しか食いません。
それは草や木の芽にたくさんカルシウムが含まれている証です。
そして、
お日様にあたりながら運動しているから立派な体になるんよ。


あなたも運動、日光浴、食事は大切にしてください。

☆おいらとあなたは死ぬまでず~っと一緒。
☆骨まで愛して欲しい~のよ~♪

骨のコッキントッシュでした](^0^*


やあ コッキントッシュ君ありがとう。
骨の老化を出来るだけ防ぐには
運動、日光浴、食事が大事なんですね。

心に軸が必要なように、
身体にも軸となる骨があります。

軸は大事にしたいものですね。

« | ホーム |  »

プロフィール

東福

Author:東福
こんにちは

東福 敏樹と申します。

渋谷区初台から
体のこと、元気になる体操などを中心にお伝えします。

あなたのより良い健康をお手伝いします。

フリーエリア

くりっく365業者比較

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。