Top Page > 感情

目は過去と未来にリンクしている。

MH900426502 (1)

意外と思われるかもしれませんが

解剖学的に言うと目は脳の一部です。


脳の一部がニョロンと伸びてきて、

外に出てきたのが目です。



情報の約80%を目が担っていると言われています。

言い換えれば、脳は好奇心のカタマリと言えます。

目は顔にくっついてますから視角制限というのはあります。



目の左右の動きについて

目を左に動かすと記憶と繋がりやすいということはご存じでしょうか?

目を右に動かすと想像と繋がりやすいと言われています。


具体的にお話しますと

頭を動かさないで、目で左右を見る動きをしてみてください。

ほとんどの場合どちらかが見ずらくないですか?


左側が見ずらいときは

過去の嫌な思いやあの人は許せないとかトラウマなどが消えていない。


右側が見ずらい時は

未来への不安や恐怖です。

仕事がうまくいくだろうか?病気になりはしないか?あの人とうまく付き合っていけるのか?

などなど、明日を否定的に考えている場合だと右側が見ずらい。



ではどうすればいいのか?


それは


体を整えるんです。

関節の可動制限、筋肉のこわばりを整えるんです。

体を整えるとは、秩序化するとうことなんですね。

天体の動きは法則がありますよね?

法則を言い換えれば秩序です。

秩序があるから天体は問題なく動けるわけで。

人体も同じことです。

運命好転の秘訣は体を整えることです。

スポンサーサイト



俺と酒と涙と決意



「難しいことに立ち向かっていく姿勢があれば、

うまくなる」


米大リーグ、ヤンキースのイチロー選手が

故郷の愛知県豊山町で行われた「イチロー杯争奪学童軟式野球大会」で

少年たちに伝えたメッセージです。

長年アメリカで活躍して

特に今年はヤンキースに移籍するという

難しい決断をしただけに

重みがありますね。

少年たちも貴重な体験したことでしょう。

自分で意思を決めることの重要性。

成し遂げた人間が言える言葉だと思います。

このメッセージ

「歌」と言ってもいいかもしれない。




自分にあてはめてみた時

毎日のほぼ8割は同じことの繰り返しで

自分を変えようなんてなかなか思わない。

思ったとしても決心しない。

今のままで安穏とやっていく方が楽だと思ってしまう。

でもちらちらと心の片隅では

このままではいけない。


このまま何もしないで一生過ごすのは嫌だという

気持ちがくすぶっている。


思いきって一歩踏み出しさえすればねえ。

決意というのは

体中の細胞にも活力を与え

いや、細胞が決意に呼応して

活力が生まれると言ったほうが正解かもしれない。



ということは

決意はアンチエイジングにもなる。


中途半端はイヤ




土曜日のサッカー

日本代表とヨルダンの試合。

ご覧になりました?

6対0で圧勝でしたね^^

本田選手のハットトリック
どや顔のガッツポーズ、かっこよかった。

香川選手もマンU移籍発表後
初のゴール。
ほっとしたかも。


髪を切ろうと
いつもの理髪店に入った時
4対0でした。

やがて
髭を剃ってもらうだんになり
相変わらず
テレビからはサポーターの歓声がうねるように聴こえてきます。

時々
オヤジさんのカミソリを持つ手の動きが鈍くなったり
力が入ったりする。

ジョリ ジョリ ジョ   ジョリ      ジョリ

ヒエ~
オヤジさんは心ここにあらず、、、、、

オヤジさんとは20年来のお付き合い。

無事に剃り終了しましたが、

正直ビビリました。
-------------------------------------------------


さて
北海道を除いて梅雨入り。

身体がだるいような、重たくなる時期です。

気分的にもうっとうしい。

こういうときはやや大股で歩くと
身体が軽くなったりします。


また
アジサイにも慰められますね。

そして
アジサイ付きものなのがカタツムリ。

カタツムリはアジサイの葉っぱによくいます。

葉っぱの上をゆっくり、ゆっくりとマイペースで。



仕事忙しい?
対人関係で悩んでる?
落ち込んでる?

カタツムリのマイペースの動きには
何かホッとしたもの感じたりもします。

苦しい時は思いっきり落ち込んでいいのではないか。

中途半端に苦しんでいたりすると

自分が厭になったり、

捉えどころのない不安がでたり

妙に頼る気持ちがでたり

あの人のせいでなどと被害者意識の感情がでたりします。

また
こういうとき病院に行くとうつ病とか心身症などの病名をつけられたりします。


もしあなたが意思の強い人だったら
気持ちを切り替えることもできるので
今回の話は無駄になるかもしれません。


落ち込んで、沈んで、沈んで自分の心の底を見てくれば。

かつて経験したことですが
心の底は沈んでみないと分からない。

そして
底をじっくり見極めると

「余計な荷物を背負っていたんだなあ」

なんてことに気付いたりします。

そうしたら、底を蹴って上がってくることが出来ます。

心の底ってあるんですよ。

感情は内臓に影響する?



人間は感情の動物と言われるように、
誰にでも喜怒哀楽の感情はあります。

例えば
涙もろい人。
テレビや新聞でかわいそうなニュース、おもしろいニュース、明るいニュースなどを
見ただけで感情豊かに反応して涙を流したりしますね。

あなたの周りにもこんな人、いるんじゃないかな。
もしかしてあなた自身?^^


心身が弱ると、感情の浮き沈みがそのまま表れてしまい、
感情的な行動に走ってしまうこともあります。

「人は感情で行動する」

しかし
「激しすぎる感情は病気を招く」


最近では感情と内蔵の関係について研究されるようになってきてるようです。

以前から導引術、陰陽五行などでは内臓と感情の関係を明らかにしています。

たとえば
怒りは肝臓、驚きは腎臓、悲しみは肺、笑いは心臓など、、、

反対に、
それぞれの内臓が病気になると、
その内臓と関係する感情表現があらわになるということです。

それまで明るかった人が悲観的な考え方をするようになったら、
肺が弱っている可能性が高いということですね。


人の感情は自然に表情に出てしまうのが自然で、
それを抑え込んでいると、知らず知らずのうちに、
自らに不自然さを強いることになるわけで、、、
これが重なると心身に影響与えないわけは無い。

もちろん、時と場合によりますが、
喜怒哀楽を無理に抑え込まないほうがいいかも。


何をされても怒らない人いますね?
聖人君子でないかぎり、
怒りっぽい人と同じくらい問題があると考えていい。


« | ホーム |  »

プロフィール

東福

Author:東福
こんにちは

東福 敏樹と申します。

渋谷区初台から
体のこと、元気になる体操などを中心にお伝えします。

あなたのより良い健康をお手伝いします。

フリーエリア

くりっく365業者比較

検索フォーム